そもそもホームページ制作の目的は何ですか?

|カテゴリ:売れるホームページ制作


このコラムは、これからホームページを制作したいとお考えの中小企業の経営者に向けた記事です。ホームページ制作で、せっかく経営資源を投入するわけですから、ホームページを制作する目的をしっかりと定め、投資対効果(ROI)を最大限引き出すための考え方をまとめました。

そもそものホームページの目的は何ですか?

ホームページを制作するために、最初に考えることは、ホームページの目的をしっかりと定めることです。ホームページ制作をするのには、目的があるはずです。

ホームページ制作の目的は、代表的なものとして

  • 商品・サービスの訴求・販売
  • 会社の知名度アップ
  • 新規顧客の獲得
  • 最新ニュースの提供
  • メルマガの登録数増加
  • 資料請求・お問い合わせの獲得

などです。他にもあることでしょう。

では、このような目的を達成したい理由は何でしょうか?

中小企業がホームページを制作する目的は、売上アップがほとんどのことでしょう。では、なぜ売上アップをしたいのでしょうか?

このように理由を突き詰めていけば、貴方の会社の存在理由に行き当たると思います。それを一言で表したものが経営理念です。

ホームページ制作は、貴方の会社の存在理由からスタートすると、顧客が明確になり、今、貴方の会社が必要としている理想的なホームページを制作することが可能となります。

目的のための目標

ホームページの目的がはっきりさせたら、次に目標を設定します。目標とは、簡単に述べると目的を達成した姿を数値で表したものです。ホームページ制作におけるKGI(Key Goal Indicator)です。

例えば、「新規顧客との契約を毎月1件獲得したい」や「お問い合わせや資料請求が、月に2~3件ほしい」などです。

目標が設定できたら、次にその目標を達成するための方法を考えます。つまり、「どのようにしてアクセス数を増やすか」です。

  1. よく検索されるキーワードは何か?
  2. そのキーワードの検索回数
  3. SEOやリスティング広告でどの程度アクセス数を増やせられるか?
  4. アクセスしてきた人が目的を達成する率(コンバージョン率)

このようなことを検討することで、制作されるホームページのページ数や内容が決まります。

検索回数から目的達成までの流れ

次の逆三角形の図(ファネル図)をご覧ください。これは、検索回数から目的達成までの流れを、因数分解したものです。

一番上に、上位ヒットを狙った検索キーワードの検索回数の合計があります。SEO対策を実施することで、ホームページが検索結果に表示される回数が増えます。

しかし、検索結果に自社ホームページが表示されても、すべての人が訪れてくれるわけではありません。検索結果に表示された自社ホームページをクリックして見てくれる率のことを「クリック率(CTR)」と言っています。

また、ホームページに訪れた人が、すべて目的達成まで踏み込んでくれるわけではありません。ホームページの訪問が目的達成につながる率のことを「コンバージョン率(CVR)」と言っています。

ここで、自分たちの努力でコントロールできる項目があります。それは、

  1. SEO対策で表示される回数を増やすこと
  2. クリック率を高めてアクセス数を増やすこと
  3. コンバージョン率を高めて目的達成の割合を増やすこと

これらの項目は、制作されるホームページのページ数や内容などから概算ができます。

余談ですが、ホームページは一度公開したらそれで終了ではなく、月に1回程度の頻度で改善しテイクと、さらに効果を高めることができます。そのため、ホームページは月単位で考えると、目標設定しやすいです。

ホームページ制作するのかを判断

このようにしてホームページを活用した集客企画や制作費が出てきますので、

  1. 目標の妥当性
  2. 目標を達成できそうか
  3. 目標を達成したときの社内の体制
  4. ホームページの投資対効果(ROI)

などを最終検討し、ホームページ制作をするかどうかの判断を行います。

ホームページを制作することで爆発的に集客ができてしまうことが予想されたとします。このことは、少なからずあります。これは嬉しい悲鳴ですが、早急に販売や製造、顧客対応などの社内体制を整えたり、社員の育成をしたりする必要が出てくるとお考えになるかもしれません。

でもご安心ください。

ホームページでの集客は、顧客数が少しずつ増えてくるように調整することが可能です。

顧客目線のホームページ

最後に、ホームページの投資対効果を高めるための「コンバージョン率の高め方」について検討したいと思います。

検索エンジン・マーケティングで集客をする場合、顧客になり得る人は「ネット検索をする人」です。ホームページが目的を効率よく達成するために、顧客目線でホームページを制作する必要があると思います。

ここで、ネット検索をする人は、どのような目的で検索をしているかを考えたいと思います。

ネット検索をする根本的な目的は、1つに集約できます。それは、「情報を探している」ということです。そして、知りたい情報に応じて、さまざまなキーワードでネット検索をします。

ネット検索をする人が考えていることや気持ちのことを、「検索者インサイト」と名付けました。

検索者インサイトを考えると、ホームページに「掲載したい情報」と「掲載すべき情報」は異なることに気づかれることでしょう。

検索する人が目的を達成してくれるかどうかは、検索ワードによっても異なりますが、このように、検索者のことを考えた掲載すべき情報をきちんと掲載することで、ホームページのコンバージョン率を高めることができます。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥15,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ