ホームページで売上アップするための3つの要点

|カテゴリ:売れるホームページ制作


ホームページを制作し、ホームページ経由で商品やサービスがたくさん売れて、売上高がアップすることを期待する人は多いことでしょう。

そのためには、商品やサービスに魅力があることが前提ですが、貴社の商品・サービスが持つ機能や品質を探し求めている人に、貴社のホームページをより多く見てもらえるようにし、ホームページでうまく商品・サービスの魅力を伝えることができれば、必ず売上アップにつながります。

この“当たり前”に見えることを実現するためには、実はさまざまな条件を満たす必要があるために、これが出来ていないホームページがたくさんあります。その条件とは、商品の魅力を伝える説得力やデザイン力、検索者に問い合わせや購入という行動を起こしてもらうための構成力や企画力、文章自体を書きページを量産する力などです。

これらの能力をあわせ持つことが難しいため、ネット市場はまだまだ飽和していないのです。ですから、これらの条件を満たし、貴社のホームページを改良することで、売上アップを図るチャンスが必ずあります。

本コラムでは、ホームページで売上をアップするための条件の中から、社内ですぐに始められる重要な3つのことについて述べたいと思います。

要点1.ホームページのアクセス数を増やす

例えば、ホームページを通じて、1カ月に10個の商品が売れていたとします。もし、そのホームページのアクセス数が2倍に増えたらどうなるでしょうか。単純計算で、1カ月に20個売れるようになるのです。

ですから、アクセス数をどれだけ増加させることができるかが、ホームページで売上アップするための最初の要点です。

ホームページのアクセス数を増加させる方法はさまざまです。

  • SEO対策
  • リスティング広告
  • LINEやFacebookでのPR
  • 人気ブログでの紹介

このような方法でホームページのアクセスを増やすことができます。これらの中で、最も王道と言える手法が「SEO対策」です。そして、現在有効なSEO対策には、「内部SEO」と「コンテンツSEO」の2種類があります。たいていのホームページは、この両方のSEO対策をうまく組み合わせることで、アクセス数を大幅に増加させることが可能です。

要点2.商品・サービスの魅力をきちんと伝える

アクセス数が増えても、売上につながらなければ意味がないでしょう。そこで、ホームページの訪問者に「この商品、このサービスを買いたい」と思ってもらえるように、商品・サービスの魅力をきちんと伝えるホームページを作ることが大切になります。

その手法の1つが「ランディングページ(LP)」です。ランディングページは、その1ページのみで、商品・サービスの魅力を伝え切って、購入につながりやすいコンテンツを掲載します。

商品・サービスの魅力とは、「強み」の部分でしょう。強みとは、競合他社の商品・サービスと比べて勝っている部分のことです。たいていの会社の商品・サービスには、必ず強みがあります。その強みの部分を「欲しい」と思ってくださる顧客に対して説得力のある内容を盛り込んで訴求することが、ランディングページの役割の一つです。

要点3.営業力・販売力の強化

ホームページのみで販売活動が完結するのであれば、以上の2点に集中してホームページを充実させていけば売上が上がるようになるはずです。あとは出荷作業と顧客フォローを滞りなくするだけです。

ところが、ホームページからお問い合わせが来て、そこからeメールや電話対応を行ったり、直接営業を行って販売に繋げる場合には、「営業力・販売力の強化」が必要になります。

ホームページのアクセス数が増え、商品・サービスの魅力がきちんと伝えられるようになって、お問い合わせが増えても、営業力・販売力が不足しているために、せっかくの顧客を取りこぼしてしまうケースがよくあるのです。

このように、ホームページで売上アップするためには、ホームページのSEO対策やランディングページ制作のことだけでなく、営業力・販売力の強化も大切になります。

販売ではコミュニケーション能力が大切な要素の一つです。コミュニケーション能力は、コーチングのスキルを習得することで鍛えることが可能です。

営業戦略から見なおし、営業・販売部門にイノベーションを起こすことで、ホームページがさらなる売上アップに貢献してくれることでしょう。

ホームページのデザインは?

このコラムでは、ホームページのデザインについて、ほとんど触れていないことに驚かれたことでしょう。

確かに、綺麗なデザインの方が良いと思います。また、デザインには見やすさも影響してくることでしょう。しかし、ホームページで売上アップするためには、デザインよりもまずはアクセス数の方が大切です。

ホームページを持つということは、お店を持つことと同じ考えです。特別な条件を除けば、人が来ない山の中よりも、人通りが多い街中に店を開いた方が良いはずです。この人通りの多さを、検索エンジンマーケティングでは、閲覧者の検索回数に当てはめることができます。

もちろん、化粧品やブティック、エステティックなどの女性を対象とするホームページでは、デザインが重要視されます。その他のホームページであっても、デザインをおろそかにしても良いというわけではございません。一般的な企業のホームページは、売上アップのためには、デザインに力を入れるよりも、アクセス数アップのために力を入れた方が効果的です。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥15,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ