ロングテールSEO対策のやり方

|カテゴリ:売れるホームページ制作


ロングテールSEO対策とは、たくさんのキーワードで上位ヒットを目指すためのSEO対策です。前回のコラム「ロングテールSEO対策のメリットとデメリット」で、ロングテールSEO対策の魅力を伝えました。このコラムでは、ロングテールSEO対策のやり方について述べます。ロングテールSEO対策のやり方は、次の手順で行っています。

もちろん、SEO業者によって、ロングテールSEO対策のやり方や内容、手順は異なる可能性があります。私が手掛けてきた数あるホームページでは、この手順でおおよそ成果を出してきました。以下、この手順を詳細にご説明いたします。

1.キーワードの選定

まずは、どのようなキーワードでよく検索されているかを調査します。このときに、集客につながりそうかどうかは判断しないで、できる限り多く出します。私自身がロングテールSEO対策のご依頼を受けたときは、600キーワードほど抽出することが多いです。

キーワードの抽出方法は、GoogleやYahooのサジェスト、キーワードアドバイスツールなどのネットツールを活用します。どの程度の検索回数があるかは、経験と勘が必要になります。

次の図は、Googleの検索枠に「コーチング」を入力した例です。1番目に「コーチング 資格」、2番目に「コーチング 本」、3番目に「コーチング セミナー」と表示されています。Googleサジェストは、基本的によく検索されるキーワードが表示されると言われています。つまり、検索枠に入力する単ワードに加え、Googleサジェストに表示されるキーワードが、SEO対策を行うキーワードの候補となります。

Googleサジェストの例

2.ペルソナ分析と競合サイト分析

次に、抽出されたキーワードを一つずつペルソナ分析していきます。その中で、購入につながりそうな「直接キーワード」、そうでない「無縁キーワード」、情報を調べているうちに商品やサービスが欲しくなるように誘導できる「間接キーワード」に分類します。

例えば、「ビジネスコーチング セミナー」でネット検索する人は、ビジネスコーチングのセミナーを探している人が多いと思います。よって、このキーワードは直接キーワードと言えます。

また、「コーチング 英語」でネット検索する人は、コーチングの英単語を調べている人が多いと言えます。こういった人は、コーチングの顧客にはなりえません。よって、このキーワードは無縁キーワードと言えます。

最後に、「コーチング メリット」でネット検索する人は、コーチングの良さを知りたい人が多いと思います。コーチングのメリットを知ったらコーチングのセミナーやセッションを受けたくなる可能性があります。よって、このキーワードは間接キーワードと言えます。

ここで、直接キーワードでの上位ヒットを狙いたくなるものですが、すでに大企業などの資本力のある競合他社がひしめき合っていたり、今後レッドオーシャンになる可能性があったりするため、積極的には上位ヒットを狙いません。ロングテールSEO対策で上位化を狙っていきたいキーワードは、競合他社の参入が少ない間接キーワードです。

実際に間接キーワードを用いてネット検索し、検索結果に表示される競合サイトを分析します。競合サイトの分析内容では、次のことを考察します。

  1. 何位ぐらいまで上げられそうか
  2. 上位に競合サイトは存在するか
  3. 競合サイトよりも上位化は可能か
  4. 競合サイトよりも上位化をするために何が必要か
  5. 上位ヒットのためには何ページぐらい必要か

深くキーワードを調べていると、よく検索され、顧客になりやすく、しかも競合が少ないキーワードが存在することがあります。このようなキーワードのことを「シンデレラキーワード」と呼んでいます。

3.コンテンツの方向性を策定

ここまでで、どのキーワードで上位化させるのかと必要なページ数が決まりました。おそらく、上位ヒットさせたいキーワードの数や、それに必要なページ数は膨大なことでしょう。そのためには、膨大な量のコンテンツ制作が必要となります。

膨大な量のコンテンツを制作するために、どのようなものが必要かを検討し、コンテンツの方向性を策定します。

例えば、導入事例を膨大に作ることで、上位ヒットさせたいキーワードが満たされるのか。用語集を作るべきなのか。コラムなどの読み物を作る必要があるのか。そのような方向性を決めます。

4.サイト構造の策定

コンテンツの方向性が策定されたら、そのページをホームページ中に作っていく必要があります。ページ数が膨大になるのであれば、サイト構造をしっかりと策定する必要があります。サイト構造とは、各ページのツリー構造のことです。

サイト構造の策定で注意することは、「未来に、ホームページがどのような変化を遂げそうか」を考慮することです。サイト構造をしっかりと策定するためには、経験と企画力が問われます。

もし、ホームページを制作し終えてから「このようなページが欲しい」とか「別のテーマで記事を作っていきたい」と考え、後からホームページに別のコンテンツを付け足しをしていくとなると、最初から想定して作るよりも手間がかかります。

サイト構造の例

例えば、コラムを数百ページと膨大に作っていくとします。その場合、コラムをカテゴリ分けした方が訪問者にとって見やすくなります。膨大なページが制作された後でのカテゴリ分けは、骨が折れる作業になります。できれば、ページ制作前にそのことを予想し、あらかじめカテゴリ分けをしておきます。そのカテゴリ毎にディレクトリを作成し、振り分けておくと良いでしょう。

将来に、別ページの付け足しが予想されるのであれば、そのページのリンクを入れる箇所を、あらかじめ用意しておくことが望ましいです。

5.土台となるHTMLのSEO対策

ホームページは見た目が同じでも、HTMLソースの書き方の違いで、検索順位が変化します。HTMLのSEO対策は、ルールに基づいて正しく記述しつつ、適格にキーワードを盛り込んでいきます。このSEO対策のことを「内部SEO」と言います。(内部SEOの詳細は、こちらをご覧ください。)

ルールに基づいたHTMLコーディングを行うと、検索エンジンはキーワードの重要度を認識しやすくなり、狙ったキーワードで上位ヒットしやすくなるばかりか、予想もしないようなロングテールワードでもアクセスが増えることが多いです。

土台となるHTMLのSEO対策ができたら、HTMLテンプレートを作成します。そのテンプレートを用いて、ページの量産を行っていきます。

6.ページの量産

ページの量産は、コンテンツの作成とほぼ同時に行います。文章や画像のコンテンツを作成し、その校正が終わったものからHTMLテンプレートにコンテンツを入れ込んでいってページを量産します。

ここでのコンテンツは、よく検索されるキーワードを想定しつつ、検索者にとって魅力のある文章や画像を用意します。

7.継続的な検索順位・アクセス解析と改善

ページを量産し公開していったとしても、それでSEO対策は終わりではありません。定期的に検索順位やアクセスを解析して、ホームページを分析し改善していく必要があります。

もし、あと少しで順位が10位以内に入りそうであれば、11位以下のそのページを上位化できるように修正します。

また、アクセス数の多いページがあったら、そのページから集客できるように改善したり、もっと上位ヒットするように修正したり、同じようなテーマで別のページを作り、複数のページが上位ヒットさせられるようにしたりします。

コンテンツの大量生産は自社で行うべき

ロングテールSEO対策で最大のボトルネックは、やはりコンテンツの量産です。そのための方法として、予算がればコンテンツを外注に丸投げをする方法を思いつかれることでしょう。しかし、私はこの方法をお勧めいたしません。コンテンツの制作は、外注に丸投げをするよりも、営業の心得がある人によって内製できることが理想的です。

営業の心得のある方であれば、集客に効果的な言葉を持っているためです。例えば、客様と接している中で、どのようなお客様がどのような疑問を持つのか、商品のアピールポイントは何なのか、どのような言葉をかけると売上につながりやすいのかなどということを熟知していることでyそう。それを文章化することで、ホームページの訪問者に商品の良さを強く訴求することができるホームページになります。

さらに言えば、会社に利他の想いの強い経営理念があり、それが営業マンに浸透しているのであれば、その営業マンが書かれる文章は、思いやりにあふれたものになりやすく、会社のファンが増える可能性が高まります。

コンテンツを外注先では、営業の心得や経営理念の深い意味まで知るはずはありません。

現在は、自社でホームページ文章が作れる人を多くかかえた企業が伸びると言える時代です。もし、まだ文章が内製できないのであれば、社員を育て、文章の内製ができるように技術を高めて、文章を内製する仕組みを作っていくことを強くお勧めいたします。

また、そのご支援を当社で行うことができれば幸いです。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥15,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ