ロングテールSEO対策のメリットとデメリット

|カテゴリ:売れるホームページ制作


ロングテールSEO対策は、1つのキーワードでの上位ヒットを狙うSEO対策と比べて、上位ヒットさせるための技術が多少異なり、次のようなメリットやデメリットがあります。

メリットデメリット
  • 上位ヒットさせやすい
  • アクセス数を増やしやすい
  • コンバージョンにつながりやすい
  • キーワードの選定に経験と勘が必要
  • 長期的視野のホームページ設計が必要
  • ページを量産する労力がかかる

このメリットとデメリットについて、その理由を解説いたします。

ロングテールSEO対策のメリット

ロングテールSEO対策の主なメリットは、次の3点です。

メリット1.上位ヒットさせやすい

一つのキーワードだけを上位ヒットさせる場合には、難易度の高いキーワードでのSEO対策をご希望されることが多いです。ところが、難易度の高いキーワードで上位ヒットさせることは容易ではありません。

ロングテールSEO対策では、たくさんのキーワードで上位ヒットを狙いますが、複合ワードが多いため、個々のキーワードを上位ヒットさせることは容易です。

例えば、「コーチング」という一つのキーワードだけで上位ヒットさせることは難しいのですが、「経営理念 コーチング」といった複合ワードだと比較的容易に上位ヒットさせることが可能です。

メリット2.アクセス数を増やしやすい

「コーチング」というキーワードで検索をする人の人数は、「経営理念 コーチング」と比べてとても多いと思います。しかし、上位ヒットさせることができなければ、アクセス数は増やせません。

また、「コーチング」で検索する人は、漠然とコーチングについて調べている人が多いと思います。ですので、「コーチング」で上位ヒットさせることに成功したとしても、アクセスにつながるかどうかは不明です。漠然と検索した人は、1位~3位ぐらいまでにヒットしたホームページなら閲覧することが多いのですが、検索結果の下位のものを閲覧しなくなる傾向があります。

「経営理念 コーチング」というキーワードであれば、経営理念の構築をコーチングで行いたいと考えている人が多いと思います。そうすると、よりよいコーチを探し求めて、検索結果の下位まで閲覧してくれることが多くなります。

その結果、「コーチング」で5位ぐらいに上位ヒットするよりも、「経営理念 コーチング」で5位ぐらいに上位ヒットさせた方が、アクセス数が増えるという逆転現象が起こることがあります。

メリット3.コンバージョンにつながりやすい

コンバージョンとは、ホームページに訪問した人が、お問い合わせや申し込み、購入などの行動を起こしてくれることです。アクセス数に対して、コンバージョンに結びつく割合のことを、「コンバージョン率」と言います。

メリット2で述べたように、複合キーワードで検索をする人は、商品やサービスを探している人ですので、たくさんの中から良いホームページを選ぶ傾向があります。このことからも、ロングテールSEO対策で上位ヒットさせた方が、コンバージョン率が高くなります。

ロングテールSEO対策のデメリット

ロングテールSEO対策の主なデメリットは次の3点です。

デメリット1.キーワードの選定に経験と勘が必要

キーワードの選定では、単に検索回数の多いものを選べばよいだけではありません。検索回数が多いキーワードは競合サイトも上位化を狙っているため、こちらのSEO対策の技量と、競合他社のSEO対策の技量を見比べて、こちらのホームページを上位ヒットさせられそうかを見抜く必要があります。

また、あまり検索回数が多くないキーワードだったとしても、コンバージョン率の高いキーワードがあります。そういったキーワードで上位ヒットさせると、アクセス数はあまり伸びないものの、コンバージョン率が高いので、お問い合わせやご契約が増えます。

あまり検索回数が多くないキーワードは、競合他社が見落としているものがあり、それは地中のダイヤモンドのような価値のあるキーワードです。

このような検索結果に競合サイトが少なく、アクセス数やコンバージョン率が高いキーワードのことを、当社では「シンデレラ・キーワード」と呼んでいます。このシンデレラ・キーワードを発見することは、SEO業者の熟練技の見せ所です。

デメリット2.長期的視野のホームページ設計が必要

ロングテールSEO対策では、膨大な量のページを長期間にわたって制作していきます。その膨大な量のページを制作していくに当たり、長期的視野でホームページ設計しておかなければ、コンテンツのネタが尽きてページが量産できなくなったり、新しいページを追加してもホームページの中に埋もれてしまって誰も読まないムダなページができたりする場合があります。

膨大に制作されるページのテーマを決め、どれぐらいの頻度でページを更新していき、いつどれぐらいの集客ができるようにするのか、そういった目標を定めることで、ホームページの設計を正しく行うことができます。

デメリット3.ページを量産する労力がかかる

さて、膨大な量のページが制作していくのですが、その中心人物はあなたです。

コンテンツは自分で制作するのか、それとも外注するのか。どちらにしても、その費用対効果や妥当性はどうなのか。文章制作を外注するにしても、外注先が納得できる文章を作成してくれるのか。自分で文章を作成するにしても、膨大な量を制作する時間を確保できるのか。そういったことを考慮して、コンテンツ制作を行います。

文章作成の注意点

文章作成は、想像を遥かに上回る時間と労力がかかります。文章作成について、「誰でもできる」や「簡単だ」という思い込みは捨ててください。

SEOに効果的な文章力を高めるための方法は、「ホームページのSEO対策で大切な文章力」をご覧ください。

継続的な施策でさらに効果的に

ロングテールSEO対策でアクセス数をより多くするためには、ページを量産し続けるだけでなく、検索順位解析とアクセス解析による、継続的な施策を行うことが大切です。

検索順位解析

検索順位解析とは、ロングテールSEO対策でピックアップしたキーワードでの検索順位を定期的に計測し、修正すべきページを発見する方法です。検索順位計測は月に1回程度が理想的です。

アクセス解析

アクセス解析とは、どのような検索キーワードで訪問をされたのかを定期的にチェックし、修正すべきページを発見する方法です。アクセス解析は、少なくとも月1回以上行うことが理想的です。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥15,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ