SEO対策の導入をお考えの方へ「SEO対策で成功する方法」基礎編

|カテゴリ:売れるホームページ制作


ホームページを探す場合には、GoogleやYahooなどの「検索エンジン」といわれるホームページ上で、ネット検索を利用されていると思います。

多くの検索者が利用する検索エンジン上で、多くの人がよく入力するキーワードで検索されたときに、貴社のサイトが上位ヒットしたら、貴社サイトへのアクセス数が伸び、ホームページから貴社の商品やサービスに対するお問い合わせが増え、売上がアップする可能性が高まります。

このコラムでは、売上アップに直結するSEO対策の基礎について考えてみたいと思います。

検索エンジンシェア

さて、利用する検索者が最も多い検索エンジンは、「Yahoo」だと思われる方が多いかもしれません。ところが、実は90%以上の検索者が「Google」を利用しているのです。

その理由は、Yahoo! Japanが、Googleの検索エンジンを採用しているためです。その証拠に、YahooとGoogleとで、同じキーワードで検索をしてみてください。すると、検索結果に表示されるホームページは、ほぼ同じだと思います。

(YahooとGoogleの検索結果が若干異なるのは、検索している場所やブラウザなどの環境によって、アクセスするGoogleのデータベースの場所が異なるためです。)

実際の検索エンジンシェアの数値は、「日本の検索エンジンシェア2018」をご参照ください。

SEO対策の変化

被リンク投入による過去のSEO対策

被リンクによるSEO対策の概念

SEO対策といえば、以前、被リンクの投入が主流だった時代がありました。「被リンクの投入」とは、別のホームページを量産し、そのホームページから、SEO対策をしたいホームページにリンクを設置することです。

Googleでは、このリンクを選挙での「一票」とカウントされ、得票数の多さで順位が大きく左右されていました。そこで、SEO業者は、良質な被リンクをどれだけの本数投入できるかを競っていました。

アルゴリズム追従による現在のSEO対策

現在では、被リンク投入を主としたSEO対策は、Googleからペナルティを受ける可能性が高いため、被リンクについて議論する人は少なくなりました。

Googleの公式発表では、どのようなホームページを上位化させるかについての詳細は述べられていません。

そこで、SEO業者がさまざまな実験を通じて、「このようにホームページを修正すれば上位ヒットするのではないか」と仮設を立て、順位を計測しながら、日々研究しています。

そのため、現在のSEO業者にとっては、「Googleの今回のアップデートでは、このようなホームページが上位化する傾向がある」という具合に、Googleのアップデートに合わせてSEO対策の内容を日々変化させていくことが重要な仕事になっていると思います。

新しい方法

ところが、常々変化するGoogleのアップデートに振り回されることなく、安定的にSEO対策を行う方法があります。

それが、「理念SEO」という、今までのSEO対策の概念とまったく異なった方法です。

理念SEOとは

Googleが検索順位を決めるための大きな方針に、「ホームページの品質の良し悪しで順位を決める」ということがあります。そのような、検索エンジンの大きな方針に基づいてSEO対策をする方法を、「理念SEO」と言います。

たとえば、Googleに焦点を絞って理念SEO対策を行う場合には、「どのようなホームページを、Googleが高品質のホームページだと判断するか?」ということを考えて、ホームページを構築していくのです。

理念SEOは、被リンクによるSEO対策が主流だった時代から提唱されていた、SEO対策の手法の一種です。Googleが、被リンクによるSEO対策の取り締まりを強化したときに、その具体的な方法が注目されるようになりました。

Googleにとって高品質なホームページとは?

私たちビジネス発展コーチングでも、日々Googleの研究を行っています。私たちは、その中で、どのようなホームページがGoogleに評価されるかについて、理念SEOの概念に基づいて仮設を立て、Googleの検索結果の調査・実験を実施しています。

今までの調査・実験の結果から、自社サイトと競合サイトと比較した時に、Googleから特に評価される対象が12項目あり、その総合得点によって、おおよその検索順位が決定していることが分ったのです。

私たちがお客様のホームページを手がける場合、この12項目の一つひとつについて、「このお客様の場合、どうすれば総合得点が高くなるか」「このお客様の場合、どの項目が特に重要か」を熟慮して、SEO対策を実施するようにしています。

具体的に、私たちがSEO対策をするときに必ずチェックをする12項目の中から、特に大切な3つの項目に絞って述べたいと思います。

Googleに好かれるホームページを作るための3大項目

1.ページ数

ほとんどの場合ページ数が多いホームページほど上位ヒットしています。

まれにページ数が少ないホームページが上位ヒットすることがありますが、これはページ数以外の項目が最適化されているためです。やはり安定的に上位ヒットを目指すならページ数を増やすことが大事です。

そのため、私どもがお客様からSEO対策のご相談を頂いたときには、まず「自社サイトと競合サイトのページ数比較」を行います。

ここで大切なことは、「公開したページの数」ではなく、「Googleが認識しているページの数」です。どんなにページ数が多いホームページを作っても、Googleから認識されなければSEO対策上は意味がないと言えるのです。

2.キーワードの出現数

つぎに、キーワードの出現数が大事になります。キーワード出現数とは、「ページの中にSEO対策したいキーワードが何個使用されている」かです。

いくらGoogleが認識しているページ数が多くても、1ページ当たりのキーワード出現数が少なければ、競合サイトよりも上位ヒットさせることは難しくなります。

とは言え、キーワードを連発するような文章は、Googleからペナルティを受けやすいので要注意です。Googleから好まれるのは、自然な文章で、キーワード数が競合よりも多いページです。

「効果的なキーワードの盛り込み方」は、状況によって異なりますので、これについては別の機会に述べたいと思います。

3.オリジナル文章

以前に、「まとめサイト」の問題が大きな話題になりました。まとめサイトは、「数あるホームページから、重要なホームページをピックアップして紹介する」という意味で、とても価値のあることだと思います。

ところが、他のホームページから文章をコピーして掲載した場合、まったく同じ文章が複数のホームページに掲載されることになってしまいます。文章自体の価値を考えれば、オリジナルの文章を書いた人が付加価値を生み出しているのに対して、コピーしたホームページの存在価値が問われます。

このように、コピー文章の掲載についてはプラスの面だけでなく、ややマイナスの面があるので、“グレーゾーン”だと思います。

理念SEOの観点から考えると、Googleがコピー文章に対して何らかの対策をする可能性がありますので、やはり、オリジナル文章を掲載することが望ましいと言えます。

お客様から「どれぐらいの割合のコピー文章を掲載したら、Googleは評価を下げるのか」とご質問を頂き、お答えすることもありますが、初めからコピーをすることを考えない方が良いと思います。

文章のコピーは、特に既製品を販売するECサイトでは注意すべきだと思います。なぜなら、高いお金をかけてECサイトを制作したとしても、Googleからペナルティを受けて、検索に引っ掛からなくなってしまったら、ホームページを制作した意味が薄れてしまうからです。

さて、この重要な3つの項目を知って、ガッカリされた人もいることでしょう。なぜなら、皆様のご存じの当たり前のことだからです。理念SEOでは、このような当たり前の12項目を当たり前のように行う「王道のSEO対策」なのです。この一見地味にも思える努力が、ホームページを大きな資産に成長させるのです。

SEO対策用の文章を制作するなら「ビジネス発展コーチング」

オリジナル文章を作成することは、とても手間がかかることです。しかし、手間をかけただけ、ホームページには価値が生まれます。そして、多くののオリジナルの文章が掲載され、それを増やし続けるようになると、ホームページ自体が一つの資産となってゆきます。

私どもが提供する「ビジネス発展コーチング」では、コーチングのスキルを駆使して、お客様のオリジナル文章作成サービスも行っております。まずは、90分無料セッションをお申込みいただき、売れるホームページを作るためにコーチングが有効であることを実感いただければ嬉しく思います。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥15,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ