SEO対策で大切なURLの正規化

|カテゴリ:売れるホームページ制作


URLの正規化とは

URLの正規化とは、同じ内容が表示される複数のURLを一つに統合することです。今回のテーマは、あまり中小企業の社長様には関係のないように思える内容ですが、実はSEO対策で大切ことです。

URLの正規化について、具体的な例をあげながらご説明いたします。

indexの有無での正規化

ホームページのトップページのURLは、次のように右端が「/」で終わっていると思います。

実は、このURLの場合は、左端の「/」の右側には、URLの一部が省略されています。省略されている代表的なものは、「index.html」や「index.php」です。indexは、トップページに付ける全世界共通のファイル名です。indexは、省略しても良いとされています。

たいていのホームページは、次のどちらのURLでホームページを開いたとしても、トップページが開かれます。

このように2種類以上のURLで同じ内容のページが開かれることを、Googleは嫌がっています。なぜなら、URLが異なるとGoogleは別ページと判断し、内容が同じなので片方のURLのデータを削除するという手間がかかるからです。Googleにとっては、ダウンロード回数が2倍になって、リソースの消費が多くなります。

上記のURL例では、前者のURLに統一した方が短いのでよいと思います。

このように、複数のURLで同じページが開かれることを防ぐことを「URLの正規化」と言っています。

正規化の方法

URLの正規化の方法には、主に301リダイレクトかcanonicalを利用します。

301リダイレクトを用いた正規化

「.htaccess(ドット・エイチティー・アクセス」というファイルを作成しサーバにアップロードすることで、301リダイレクトを設定することができます。

301リダイレクトの詳細はコラム「301リダイレクトをご存知ですか?」に記載しておりますが、簡単に説明しますと「こちらのページに恒久的に移動しました」という転送理由が添えられる自動転送方法です。

つまり、訪問者がindexありのURLにアクセスしてきたら、indexなしのURLに自動転送されるように301リダイレクトを設定します。

canonicalを用いた正規化

canonicalは、次のようにheadタグ内に設置するlinkタグで設定します。

すると、URLは異なっていても内容が同じホームページは、canonicalで設定されたURLをGoogleが認識するため、結果、URLが正規化されます。

このcanonicalは、indexページのみに設定するとよいでしょう。

URLの正規化の例

では、indexあり/なし以外のURLの正規化を以下にご紹介します。

wwwあり/なしの正規化

ホームページのURLは、wwwあり/なしでも同じ中身のものが表示されます。

これも、Googleは異なるURLとみなすので、wwwあり/なしのどちらかで正規化する必要があります。

新規に公開されたホームページは

この正規化は、新規に公開されたホームページであれば、トップページにcanonicalを設置するだけでよいと思います。

以前から公開されているホームページは

もし以前から公開されているホームページであれば、301リダイレクトとcanonicalの両方を設定します。

SSLあり/なしの正規化

SSLを導入すると、URLの頭の部分が「http://」から「https://」に変更になります。SSLを導入すると、ホームページユーザは「セキュリティがしっかり設定されたホームページなのだな」ということで、ホームページの信頼性が高まります。

http://とhttps://の両方のURLでアクセスすると判りますが、どちらも同じ内容のページが表示されます。これも、indexあり/なしと同様にGoogleにとっては混乱の元です。

そこで、301転送を利用してhttp://のURLにアクセスしてきたら、https://のURLに自動転送をするようにして、URLの正規化を行ってください。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥15,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ