カッコいいデザインのホームページで売上アップするには?

|カテゴリ:売れるホームページ制作


希望の検索ワードでSEO対策を行い、上位ヒットしているにもかかわらず、ホームページからの売上がまったく上がらない企業様からのご相談を頂くことがよくあります。そして、ご相談をいただいたほとんどの企業様は、「デザインを変えてカッコいいホームページにしたい」と言われます。

ところが、ホームページ集客のプロから見ると、「本当にデザインをカッコよくするだけで、売上が上がるのだろうか?」と疑問になることが少なからずあります。

もし、デザインに強いホームページ制作会社に依頼したとしても、おそらく、この「ホームページからの売上が上がらない」という課題は解決しないでしょう。

このコラムでは、「ホームページをカッコいいデザインを変えて売上アップを狙いたい」とお考えの企業様が持つ、「カッコいいデザインに変えることが売上アップにつながる唯一の方法だ」という先入観を取り除き、実際にホームページで売上アップを実現するためのデザインについて述べたいと思います。

カッコいいデザインだと売上がアップする?

ホームページを刷新したい企業様は、自社のホームページをカッコいいデザインにすることで、検索で訪れた人が「このホームページのデザインはカッコいいな」と思ってくれて印象に残り、企業の認知度を高めることができるのではないかと考えていないでしょうか?

しかし、実際にはそのようなことはほとんどおこらないことを経験しているはずなのです。仮にあなたが、ある商品やサービスを探すためにネット検索をしたとします。そのときに、「このホームページはデザインが良いからお気に入りに登録しておこう」と考えたことがあるでしょうか?

おそらく、お気に入りに登録したホームページは、デザインが良かったのではなく、見やすいホームページで、しかも商品の品質の高さや価格の安さ、会社の信頼感など、メリットを感じて購入を検討しようと考えたからではないでしょうか?

ホームページのデザインは、見た目のカッコよさだけでなく、訪問者の使い勝手「ユーザビリティ」の良さや、訪問者が知りたい情報が盛り込まれているかどうかを考慮することが、売上アップに大切なのです。

ユーザビリティを考えていますか?

アパレル系や美容院などは、特にデザインを重要視するホームページに多いのですが、よりカッコいいデザインにするために、ナビゲーションを英語表記していることがあります。これでは、多くの人が直感的に行動できないので、売上アップどころか、使い勝手が悪いホームページというイメージを持たれかねません。

また、トップページの画面全体に広がるように写真が掲載されていて、「どこをクリックしたら商品ページにたどり着くのだろうか?」と一瞬迷うホームページを見たことがないでしょうか。ホームページの閲覧している人にストレスを感じさせてしまったら、「×」をクリックされやすくなることを覚えておいてください。

やはり、多くのホームページがそうであるように、上側にヘッダーがあり、下側にフッターがあり、ヘッダーの直下にグローバルナビゲーションがあり、メイン部分は2カラムに分割されていて、どちらか片方がナビゲーションになっている。そのようなオーソドックスなデザインレイアウトが見やすく操作しやすいということで好まれやすいです。

オーソドックスなホームページのデザインレイアウト

やはり訪問者が知りたい情報が必要

ホームページへのアクセスは、大半が検索からだと思います。検索者は「商品を探している」「調べたいことがある」といった、何らかの目的があってネット検索をします。その結果、リスティング広告で表示されたホームページや、自然検索エリアで1位にヒットしたホームページから順番に見出しと概要文を読んで、満足度の高そうなホームページを閲覧します。

そのときに、期待通りの情報が記載されていれば、長時間閲覧してもらえることになります。

「文章をたくさん入れたら、カッコいいデザインが崩れてしまうのでは?」と思われる方もいることでしょう。しかし、ご安心ください。トップページのデザインはカッコいいままにしておき、トップページからクリックして移動する次のページ(下層ページ)に、文字が多めのページを作ります。

文字が多めのページはSEO対策としても効果があるので、検索者はそのページを最初に閲覧することになり、検索者にとってはそのページに「知りたい情報がある」という、都合が良い状態になります。

文章量とSEO対策の関係

検索者がその情報に満足すれば、トップページに移動してくれますから、このようなケースでも、「最初からトップページに訪れてほしかった」と自社都合で考えず、検索者の立場でお考えいただければと思います。

ホームページの文章をどのように作ったらいいのかは、ホームページのSEO対策で大切な文章力をご覧ください。

ページ閲覧の導線を改善する

訪問者は訪れたページの中のどこを閲覧するのか、そして、どのようにして商品ページにたどり着き、お問い合わせや購入に至るのか。そのような閲覧の流れには、「顧客行動分析」や「カスタマージャーニー」という考え方があります。

その考えによると、「検索者がどのような気持ちで検索をするのか」「何を感じてページを閲覧するのか」また、「どのようにすれば商品やサービスの良さを感じてもらうことができ、お問い合わせや注文などの行動をしてくださるのか」ということを考え、顧客の気持ちや行動する動機に対応したページを作成することによって、売上アップにつなげることができます。

ホームページにこのような仕掛けをするためには、ホームページの現状を分析し、ボトルネックを改善することが大事です。費用をかけないでこの分析を行うには、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを用いる方法があります。

私がアクセス解析でいつも確認している主な項目は、次のようなものがあります。

  • 訪問ワード
  • 滞在時間
  • 閲覧ページ数
  • 流入ページと離脱ページ

アクセス解析ツールを使って、どのような検索ワードで、どのページを訪れ、どれぐらいの時間閲覧されているかを確認することで、訪問者行動がおおよそ理解できます。

訪問者行動が導き出された結果、訪問者がこちらの希望する行動を取っていないような傾向があれば、そのページを改善し、その1カ月後に改善前と改善後でどのように変化したかを検証します。

SEO対策とデザイン性の両立

「カッコいいデザインを採用することとSEO対策は相反する」と言われる方もいます。「SEO対策のためには文字をたくさん入れないといけないので、デザインが崩れる」というのがその言い分です。

しかし、私たちはそのように考えていません。SEO対策には有効な技がたくさんあります。私たちが過去に行ってきた仕事で、デザイン性を重視しつつ、SEO対策を施して、上位ヒットさせたホームページの実績が数多くあります。

まとめ

もちろん、カッコいいデザインのホームページを制作することに越したことはありません。しかし、ホームページでの売上をアップさせたい場合には、デザイン性だけでなく、ユーザビリティを考慮して、訪問者が知りたい情報をきちんと記載することを優先して考えるべきです。

その上で、最大限デザイン性を大切にすれば、集客力があってカッコいい、バランスの取れたホームページを完成させることができることでしょう。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥15,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ