経営理念の浸透で会社の発展を目指そう

|カテゴリ:企業経営とコーチング


経営理念の浸透の大切さ

経営理念を繰り返して話す

経営理念を社長自身の言葉で社員に伝えることは、社長の最大の仕事の一つです。

1999年にフォーチュン誌から20世紀最高の経営者に選ばれたGE元CEOジャック・ウェルチ氏は、当時、自身が構築した「GEバリュー」という理念を浸透さるために、「社員に直接話すことに8割の時間を使った」という趣旨の事を語っています。

エレベーターの中やランチテラスで食事をする時にも、管理職から一般社員に至るまで、あらゆる社員をつかまえては理念について何度も繰り返して話をしたそうです。そして彼はそれを約4年間もの間続けたのです。

では、なぜ、ジャック・ウェルチ氏のような著名な経営者や、優良企業を創り上げた多くの名経営者は経営理念を浸透させることを大事にするのでしょうか。

それは、社員をインスパイア(鼓舞)するためです。社員を感化し、啓発し、奮い立たせるためです。

経営資源の中で、最も投資効果が高いのは「人」であることは間違いないでしょう。人は教育によって変わります。そして、その“伸びしろ”は無限とも言えるからです。

そのような経営理念の浸透が、普通の企業を優良企業へと成長させてゆきます。

優良企業の条件の一つ「高品質の均一化」

高品質の均一化

優良企業は、高品質が均一化されています。商品の製造から梱包、流通、サービスなど、どの瞬間をとっても、すべてが素晴らしく高品質化されています。そして、高品質の均一化を実現するためにどうしても必要なのが、経営理念を浸透させることなのです。

では、なぜ経営理念を浸透させることで、高品質な商品やサービスを均一に提供できるようになるのでしょうか。

優良企業になるための第一歩として、「わが社は多くのファン、信奉者を集めるような優良企業を目指している」ということを社員に自覚し、それに喜びや熱意を持ってもらわなければいけません。そのために、「わが社がお客様に選ばれ、存在し続けなければならない理由」を考え抜き、言葉に変換し、経営理念を練り上げて、社長自身の言葉で経営理念を社員一人ひとりに語り込むのです。

会社が優良企業に成長するためには、経営理念を社員に暗記させるだけでは全然足りません。社長の言葉から滲み出る熱意や真摯さ、信念や人徳が社員に伝わることで、社員たちは必ず感化を受けます。そして、そのように経営理念を共有の価値観とすることで、会社から成功を引き寄せる磁力が出てきます。これがなければ会社は発展しません。

社長は理念がどの程度浸透しているかを常に感じ取り、一人ひとりに丁寧に伝えていくことが大事です。

そして、経営理念を語るということは、社長が自らに戒めを課し、欲に流されず、公人となっていく宣言でもあります。社長が自我を捨てたときに、会社にとって真の発展が始まります。

社長は現場に入り、現場で起こっている現状を掴み、経営理念を浸透させながら、品質の高い仕事がきちんと行われる仕組みを、自らの決定によって創り上げていくことが必要でしょう。

経営理念の浸透はビジネス発展コーチングがサポート

ビジネス発展コーチングでは、本物の経営理念の構築のお手伝いから、経営理念の浸透までを力強くサポートさせていただきます。

まず、ビジネス発展コーチングのセッションを重ね、社長が心から受け入れられる本物の経営理念を練り上げまず。本物の経営理念ができたら、経営理念から派生する基本理念、経営方針、最終目標、行動指針を明確な言葉にし、経営理念を全社で共有するための「経営理念解説書」を作成します。

経営理念を浸透させるためには、明確な言葉で丁寧に解説していく必要があります。つまり、この経営理念解説書は、経営幹部が社長とともに経営理念を浸透させるためのツールとして、力を発揮します。

さらに、経営理念を浸透させるための研修を企画し、社長自らが研修を実施します。事あるごとに経営理念解説書を読み返し、社員に経営理念をしっかりと理解してもらい、社員が自ら経営理念達成のために行動してもらえるように導きます。

このように、ビジネス発展コーチングでは、経営理念の浸透が成功するためのあらゆる準備をサポートします。本気で会社を発展させたいとお考えの社長様や経営者様は、ビジネス発展コーチングの体験セッションにお申込みいただくか、コーチングセミナーにご参加ください。

本気のあなた様からのご連絡をお待ちしております。

この記事は、お役に立ちましたか?


まずは、初回90分無料のコーチング体験セッションから

コーチングで成果を出すためには、コーチとの相性もあります。初回90分無料のコーチング体験セッションで、関山式ビジネスコーチングをご体験いただき、コーチングでビジネスを成功に導けそうかをご体感ください。


トップへ