ランディングページはSEOが弱いのか?

|カテゴリ:売れるホームページ制作


知り合いの経営者から、電話でご相談をいただきました。ランディングページの営業が来たときに、このように言っていたそうです。

「ランディングページは、一般的にSEOに弱いです。当社のランディングページは、当社オリジナルテンプレートを使用するので、SEOに強いです。」

ランディングページは、 一般的に SEOが弱いのかどうかをご相談いただきました。

ランディングページはSEOが弱いか? まず結論から

どのようなランディングページを一般的だと決めるのかはわかりません。

ランディングページは、作り方によってSEOを強くすることができます。また、これも作り方によってですが、SEOをかなり強くもできます

ランディングページは、画像だらけなイメージがあります。そのようなランディングページは、SEOが弱い可能性が高いです。

ですので、「ランディングページはSEOが弱い」と決めつけている人は、知識不足です。

そもそもランディングページとは?

ランディングページとは、ランディングするページ。つまり、そのページを見ただけで、商品を買いたくなって、お問い合わせなりご注文なりにつなげるページのことです。

誰しも、とても縦長のページをご覧になったことがあることでしょう。そこには、1つの商品の良さや、お客様の声、複数の注文ボタンが入っています。

そのようなページのことを、ランディングページと呼んでいます。略して、LP(エルピー)と呼んでいます。

なぜ、ランディングページはSEOが弱いと言う人がいるのか?

では、なぜ「ランディングページはSEOが弱い」と言う人がいるのかが気になるところです。それは、SEOを強くするためには、とても面倒なコーディングが必要となるためです。

そのため、ランディングページの制作会社は、SEOのご要望がなければ、コーディングを簡単に済ませてしまいます。すると、SEOは弱くなります。

もちろん、SEO対策の知識がなければ、ランディングページのSEOを強くすることはできません。

どのようにしたらSEOが強くなるのか?

SEOが弱いランディングページの特徴は、画像が多いことです。画像には、alt属性に代替文字を設定することができます。しかし、altにSEOキーワードを盛り込むことには限界があります。

そこで、なるべく文章を画像で作成するのではなく、テキストにした方が良いです。

すると、CSSの設定がとても面倒になります。それを乗り越えて、時間をかけて正しくコーディングすると、SEOは強くなります。

「ランディングページは作りたくない」とお考えの方へ

私がランディングページの営業をしているときに、よくいただくご返答に、「ランディングページは作りたくない。でもホームページで集客したい。」という内容があります。

ランディングページを作りたくない理由を聞くと、「売り込み感が強いのでいやだ」とのことです。

ランディングページを嫌がる方は、ほとんどの方が同じご意見でしょう。

人それぞれ、ホームページに求める期待感と好みがあります。実は、私も売り込み感の強いランディングページは嫌いです。

そこで、当社では、売り込み感を感じさせない、自然な流れで、「この商品が欲しいな」と思わせるランディングページにこだわっています。

世の中のすべてのランディングページが、売り込み感が強いわけではございませんので、ご安心ください。

とは言え、ホームページの集客力を高めるためには、ランディングページは有効です。

そこで、どのようなスタンスでランディングページを制作してくれるのか、業者選びが大切かと思われます。

当社が制作するランディングページの強み

当社が制作するランディングページは、次の項目にすべて合致する企業様であれば、新規顧客獲得の可能性が大幅に高まります

  • 「B to B」のお商売をなさっている。
  • もしくは、「B to C」だが客単価が高い。
  • 会社に強みがある。

なぜ、当社が制作するランディングページは、新規顧客獲得に自信があるかを述べますと、「新規顧客獲得を目指してるから」です。

おかしなことを言っているように聞こえますが、多くのホームページ制作会社は、ホームページを制作することが仕事です。当社のようなコンサルティング会社ではございませんので、新規顧客獲得に対する責任感が弱いように感じます。

当社が制作するランディングページの強みは、「中小企業のB to Bの商売向けのランディングページを専門とし、集客のための費用対効果が高いこと」です。しかも「押し売り感がなくSEOに強いこと」です。

新規事業でランディングページを制作したい場合の注意点

新規事業を紹介し集客するために、ランディングページを制作したい場合には、ひとつ注意点があります。

それは、「認知度が低いものは自然検索で訪問されない」ことです。

なぜ自然検索で訪問されないのか?

認知度の低いものは、自然検索で訪問されないかの理由ですが、それは、認知されていないので検索されないからです。

例えば、イタリアンのお店を経営する店長が料理の研究をして、おいしい「ペスカトーレ」を開発したとしましょう。しかし、ペスカトーレは認知度の低い料理です。ですので、ネット検索でペスカトーレのお店を探す人は稀です。

つまり、認知度の低い商品のランディングページを制作しても、ネット検索されないためにホームページに訪れる人が極めて少なくなるという現象が起きます。

では、ペスカトーレを開発したイタリアンのお店はどうしたらいいのでしょうか?

認知度の低い商品のランディングページに訪問者を増やす方法

認知度の低い商品を紹介するランディングページに集客するためには、いくつかの方法があります。その代表例は、リスティング広告です。

リスティング広告ですと、設定したさまざまな検索キーワードで、検索結果の上位に表示されるので、集客効果が期待できます。

リスティング広告は、広告費を投入している間は集客できるのですが、設定した広告費を使い切ると表示されなくなります。また、集客のために広告費を払い続けなければなりません。

そこで、当社でおすすめする方法は、SEOコンテンツマーケティングです。

ペスカトーレを探している人は少ないですが、イタリアンのお店を探している人は多いはずです。 SEOコンテンツマーケティング では、ページを量産して、イタリアンに関連するよく検索されているキーワードでの上位ヒットを目指します。そして、訪問者に対して、ペスカトーレをPRする方法です。

SEOコンテンツマーケティングと、SEOに強いランディングページの組み合わせは、認知度の高い商品であっても新規顧客獲得に効果的です。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥8,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ