ホームページという言葉には4種類の意味がある

|カテゴリ:売れるホームページ制作


誰しも、普段から「ホームページ」という言葉をよく使っていると思います。私がホームページ制作のサービスを開始した15年ほど前は、「ホームページって何?」と聞かれることがよくありましたが、今では、ホームページという言葉をしらない人を探す方が難しくなりました。

企業であれば、ホームページを開設していないところは、圧倒的に少ないと思います。起業したてや、どのような小さな企業であったとしても、「とりあえずはホームページを開設しておこう」と思うことでしょう。

ホームページという言葉

さて、このように普段でもよく使われる「ホームページ」という言葉には、4種類の意味があることをご存知でしょうか?

ホームページ制作を外注するときに、この4つの意味を知っていることで、ホームページ制作会社との打ち合わせで混乱を防ぐことができます。ホームページ営業に力を入れたい中小企業の社長は、ここでご紹介する4つの意味をぜひ覚えておいてください。

1.ウェブサイトやウェブページの意味

普段、「ホームページ」という言葉を用いるときは、「ウェブサイト」や「ウェブページ」という言葉が適切です。しかし、「ホームページ」という言葉が独り歩きをして、広まってしまいました。

ウェブページが複数集まって、ウェブサイトが構築されます。ウェブページのことも、ウェブサイトのことも、広く「ホームページ」と呼ばれるようになりました。

昔であれば、ホームページ制作のことを、「ウェブサイト制作」と言っていましたが、あまりにも多くの人が「ホームページ」という言葉を使うようになってしまったので、10年ほど前から私も「ホームページ制作」と言うようにしました。

2.組織を代表するウェブサイトの意味

組織とは、企業や政府、NPOなどの団体など、さまざまです。例えば、企業であれば企業独自のホームページ(ウェブサイト)を持っています。そして、B to Cの商品やサービスを提供する大企業であれば、会社のホームページの他に、商品やサービスごとにウェブサイトを開設していることがあります。

例えば、大手化粧品会社であれば、会社のホームページの他に、シャンプーのブランドを紹介する特設サイトを作っているところもあります。大手スナック菓子メーカーであれば、スナック菓子のブランドごとにホームページを開設している企業もあります。

そういった、1つの組織が、複数のウェブサイトを持っている場合、それらの中で、企業を代表するウェブサイトが1つあります。そのウェブサイトのことを「ホームページ」と言います。

企業であれば、企業理念やIR情報などの会社の情報を提供するウェブサイト「コーポレートサイト」がホームページに位置づけられることが多いです。

3.トップページのこと

ウェブサイトの中で、トップページのことをホームページと呼ぶことがあります。HOMEには、「大本」という意味もあるためだと思われます。この意味で用いられる場合は、略して「ホーム」と言う場合もあります。

トップページのことをホームページと呼ぶことは、「ページトップ」と「トップページ」が混乱しないようにするときに用いることが多いです。

「ページトップ」とは、開いているページの一番上側、ファーストビューの位置です。「ページトップに戻って」と言われると、マウスのホイールをくるくると回したり、ページ右下などに表示されるボタンをクリックしたりして、開いているページの一番上側に移動します。

それとは別に「トップページに戻って」と言われたら、開いているページのロゴをクリックしたり、ブラウザの「戻る」ボタンをクリックしたりして、トップページに移動します。

この「ページトップ」と「トップページ」が混同しないようにするために、トップページのことをホームページと言う場合があります。

4.ブラウザを開いたときに常時されるウェブページの意味

ブラウザとは、Microsoft EdgeやGoogle Chromeなどのウェブページを閲覧するアプリケーションのことです。ブラウザを起動させたときに、最初に表示されるウェブページのことを「ホームページ」と言います。

多くの人は、YahooやGoogleなどの検索エンジンを、ホームページに設定していると思います。

このブラウザのホームページ設定は、簡単に変更することができます。「Googleでなくて、Yahooにしたいな」と思ったら、ブラウザのホームページ設定で、GoogleのURLをYahooのURLに変更して保存するだけです。

ホームページ制作では「ホームページ」という言葉の意味を明確に

ホームページ制作をプロに外注する場合は、上記の3種類の意味が混在してしまうことが稀にあります。

コーポレートサイトを含む、複数のホームページを制作依頼しているとします。ホームページ制作者に「ホームページをちょっと直してほしい」と依頼したとします。

すると、ホームページ制作者は、「コーポレートサイトのことか、昨日の打ち合わせのホームページのことか判らない」という具合に混乱してしまいます。

私がホームページ制作を受注したときには、まずは用語の説明から入ります。共通の言葉で、意味がしっかり通じるようにしておいたほうが、意思疎通が正確に行えるためです。

このように、お互いに共通の意味を知っておくことは、ホームページ制作だけでなく、ビジネスにおいてはとても大切なことです。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥15,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ