レスポンシブWebデザインのメリット

|カテゴリ:売れるホームページ制作


このコラムでは、ホームページをスマホ対応したときに、どのようなメリットがあるのかを考察いたします。

スマホ対応の方法には、主にユーザーエージェントでデザインやURLを切り替える方法と、レスポンシブWebデザインの2種類があります。ユーザーエージェントによる切り替えとレスポンシブWebデザイン(RWD)です。この2つの方法については、「ホームページのスマホ対応の仕組み」でご紹介しました。

スマホ対応のメリット

ホームページをスマホ対応したときのメリットは、次のようなものがあります。

  1. スマホでホームページが見やすい
  2. Googleからの評価が高まる

1番目のメリットは、当たり前のことです。2番目のメリットは、Googleが公式にスマホ対応のホームページを評価することを述べているため、SEO対策としての効果が期待できます。

しかし、Googleの公式発表では、さらに進んだことを述べています。それは、モバイルファーストインデックス(MFI)です。

もし、スマホでアクセスした場合に、スマホ用のデザインをした別のURLに転送するように設定されていたとします。それは、確かにスマホ対応なのですが、そのような設定は、モバイルファーストとは言えません。

つまり、以前には常識とされていたスマホ対応では、Googleが評価してくれにくくなっているのではと予想されます。レスポンシブWebデザインを強く推奨していると言い換えられます。

レスポンシブWebデザインのメリット

レスポンシブWebデザインには、主に次のようなメリットがあります。

これらのメリットについて、ご説明いたします。

URLの訴求が容易になる

レスポンシブWebデザインは、URLを切り替えるスマホ対応と異なり、URLが1つでPC用デザインとスマホ用デザインを切り替えます。すると、チラシやSNSなどでホームページへのアクセスを容易するときに、そこに掲載するURLは1つで良いのです。

次の例のように、PC用デザインのURLとスマホ用デザインのURLを2つ用意している、昔のタイプのスマホ対応のデメリットを考えましょう。

<URL例>
PC用デザイン・・・http://hogehoge.com/
スマホ用デザイン・・・http://hogehoge.com/sp/

チラシには、「こちらをご覧ください」という言葉にURLを記載します。そのURLは、「PCの方はこちら、スマホの方はこちら」と2つのURLを記載する必要があります。チラシだけでなく、ブログやSNSなどにホームページの存在を記載する場合でも、両方のURLを掲載することになります。

「PCのURLだけ記載しておき、スマホでのアクセスがあったら、自動転送したら?」とお考えの方もいることでしょう。後ほど述べますが、転送する動作の分だけ、ホームページのアクセスに時間がかかるようになり、離脱の可能性やGoogleの評価を下げる恐れがあります。

ホームページの文章の修正が1回で済む

PC用デザインとスマホ用デザインを別々に制作していた場合、ホームページの文章を変更するときに、PC用とスマホ用の両方のページに同じ修正を加える必要があります。単純に考えて、修正に2倍の時間がかかります。

また、両方の修正されたデータをアップロードしなくてはなりません。手間が増える分だけ、ヒューマンエラーも多くなります。

文章管理システムを構築して、データベースに登録された文章を修正すれば、そのデータを基にPC用とスマホ用のデータを作成してくれるようにしたら、手間を減らすことが可能でしょう。ただし、その値段が高いシステムを構築したらです。

そのシステムを構築する手間を省くために、WordPressを利用することも考えられます。WordPressの場合には、プラグインでPC用とスマホ用のデザインを切り替えてくれるものがあります。

レスポンシブWebデザインであれば、1つのHTMLとCSSを構築するだけです。いろいろと手間を考えるよりは、レスポンシブWebデザインで構築してしまった方がよいでしょう。

デバイス判別によるリダイレクトがなくなるので、表示速度が早まる

ユーザーエージェントの判別とは、ホームページにアクセスをしたのがPCなのかスマホなのか、タブレットなのかを判別することです。リダイレクトとは、別のURLに自動的に転送することです。

ユーザーエージェントの判別で自動転送を行った場合、つまり、スマホでアクセスしたら、スマホ用のホームページのURLに自動的に転送さる設定です。

この方法ですと、確かにスマホ対応をしてデザインが切り替わるのですが、自動転送をしている分だけ、ホームページを開くのに時間がかかります。若干ですが、それだけサーバーに負担をかけていることにもなります。

リンクを張るページが1か所になり、リンクを張りやすくなる

ホームページに訪問した人が「とても参考になった」と思っていただけた場合、訪問者は自分が持っているホームページやSNSなどに、参考になったホームページのリンクを張りたいと思う人が出てきます。

PC用デザインとスマホ用デザインを分けていたら、PCで閲覧した人はPC用デザインのURLにリンクを張り、スマホで閲覧した人はスマホ用デザインのURLにリンクを張ります。

ここで、PCで閲覧している人が、たまたまそのリンクを発見しまし、それをクリックしたらどうでしょうか? その結果、PCでアクセスした人が、スマホ用デザインのURLを閲覧することになります。

ユーザーエージェントを判別して、スマホ用URLにPCでアクセスした場合には、リダイレクトでPC用のURLに転送するように設定したとしても、先ほどと同様にホームページを開くことに時間がかかるようになります。

Googleのクロール回数が少なくて済み、検索順位の評価が高まる

Googleのクロールとは、Googleがホームページを自動巡回してくれることです。この自動巡回のプログラムのことをGooglebotといいます。Googlebotが巡回してくれることによって、ホームページがGoogleに登録(インデックス)され、検索結果に反映されるようになります。

Googlebotには、PC用とスマホ用があります。レスポンシブWebデザインですと、PCとスマホの両方のデザインに対応できているので、1回のクロールで多くのコンテンツがインデックスに登録されるようです。

このことは、GoogleのホームページGoogle Developers「レスポンシブ ウェブ デザイン」でも公式に述べられています。

売れるホームページを制作するためには、まずGoogleに好かれるホームページを制作する必要があります。レスポンシブWebデザインは、Googleに好かれるためにも有効だと言えます。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥15,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ