CMSの代表WordPress(ワードプレス)

|カテゴリ:売れるホームページ制作


CMSとは

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、HTMLやCSSの知識が無くても、テンプレートを活用してホームページのコンテンツを簡単に更新できるシステムのことです。

ホームページビルダーのように、パソコンにインストールするホームページ制作ソフトはCMSとは言いません。一般的にはサーバにインストールして使用するシステムのことをCMSと呼んでいます。

CMSを利用すると、ブログを更新するようにホームページを更新することができることから、「ブログ・システム」とも呼ばれています。

代表的なCMS

CMSには、たくさんの種類があります。私は以前CMSを自作していたこともありましたが、プログラミングの知識があればCMSを制作することもできます。そのため、CMSは栄枯盛衰で、新しいものが“出ては消え”を繰り返しています。

そういった中で、代表的なCMSは、何と言っても「WordPress(ワードプレス)」です。WordPressは、日本国内では、今現在最も多く利用されているCMSです。

WordPressが多く利用される理由

WordPressが多く利用されているのは便利だからですが、詳細な理由はさまざまです。

  1. 商用でも無料で利用できる
  2. 多くのサーバに対応可能
  3. たくさんのテンプレートが公開されている
  4. さまざまな種類のプラグインをインストールして多機能化できる
  5. カスタマイズしやすい
  6. 本がたくさんあって勉強しやすい

このように便利なWordPressですが、デメリットもあります。メリットとデメリットを考慮して、CMSないしWordPressを導入するのか、それともHTMLとCSSでホームページを制作するのかを決めるべきです。

WordPressのデメリット

WordPressにはデメリットがあります。主なデメリットは

  1. セキュリティの設定や管理が必要
  2. バージョンアップが必要

もしWordPressのバージョンがアップしていた場合、WordPressの管理画面にログインをすると、次の図のような「更新のお知らせ」が管理画面の上側に表示されます。このこの表示の「今すぐ更新してください」をクリックすると、更新画面に移行し、WordPressを簡単にバージョンアップさせることができます。

WordPressの更新のお知らせ

このように簡単にバージョンアップができることも、WrodPressの特長です。しかし、WordPressを導入したものの基本操作の知識不足でバージョンアップができない場合は、セキュリティー面で要注意です。

このホームページのWordPress

このホームページもWordPressを活用して制作しています。WordPressを採用した理由は、

  • このようなコラムをたくさん作り、ホームページを頻繁に更新したい
  • 上記のようなデメリットは、知識によってクリア可能
  • SEO対策のためにカスタマイズする知識を持っている

このホームページでは、SEO対策を施したテンプレートを自作し、それにデザインをはめ込みました。そして、いくつかの便利なプラグインを組み合わせて構築しています。詳しくは、「WordPressにインストールしている無料の基本プラグイン」をご覧ください。

CMSを用いたら、HTMLの知識が無くてもホームページの更新がしやすいのですが、SEO対策をしっかりと行いたい場合には、ある程度、HTMLの知識が必要になります。

また、ネットで公開されているWordPressのテンプレートを用いる場合には、そのテンプレートのHTMLを修正するなどして、しっかりとSEO対策する必要があります。テンプレートのダウンロードサイトなどで、「SEO対策に対応したテンプレート」と記載されていても、かなりレベルの低いSEO対策しかできないテンプレートも少なくないからです。

WordPressのSEO対策

WordPressで作られたホームページをSEO対策する方法は、基本的なこととしては、HTMLで作られたホームページと同じです。

WordPressで作られたホームページに特有のSEO対策もあります。その内容は、テンプレートを用いるが故に、HTMLで作られたホームページで設定可能なSEO対策が、WordPressでは設定できない場合があることに起因します。

WordPressのSEO対策では、設定できないSEO対策を考慮しつつ、できる限り高レベルなSEO対策を行うことがポイントです。

WordPressのホームページをSEO対策する際、特に気を付けるべきことは、次のようなことです。

  • SEO対策用のプラグインを導入して適切に設定する(たいていAll in One SEO Pack、条件によってはYoast SEO)
  • h1タグを表示させる場所
  • 記事ページのディレクトリ構造

また、SEO対策として有効かどうかは分かりませんし、ディレクトリ構造で階層の深いページでは設定が難しいのですが、パン屑リストの構造化データを適切に設定するようにしています。

SEO対策を考慮したWordPressのホームページを制作するなら

コンテンツをたくさん掲載して、自分でホームページを更新していきたい場合には、WordPressの導入をおすすめします。

そして、SEO対策を考慮したWordPressのホームページを作成したい場合は、ある程度HTMLについての知識を身につけることをおすすめします。

WordPressのホームページ制作や、テンプレートのSEO修正、HTML・CSSの基礎講習など、SEO対策を考慮したWordPressのホームページ制作に興味をお持ちの方は、ぜひ一度、Full Bloomにお問い合わせください。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥15,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ