制作してもらったホームページのSEO対策で確認すべきところ

|カテゴリ:売れるホームページ制作


ホームページ制作を外注したときに、しっかりとSEO対策ができているか気になるところだと思います。

当社がSEO対策のご相談をお受けして対応してきたホームページのうち、多くのケースでは、HTMLの記述でしっかりとSEO対策されているものはありませんでした。実際、SEO対策をしっかりと行っていることを謳っていたホームページ制作会社に作ってもらったホームページであったとしても、SEO対策のレベルの低さに驚くこともありました。

そこで、今回のコラムでは、外注で制作してもらったホームページや、CMSのテンプレートを導入して制作したホームページが、SEO対策がしっかり行われているかどうか、どこを確認したら良いのか、についてまとめました。

ロゴに用いられているHTMLタグ

まず、会社のロゴのHTMLをご覧ください。そこに、次のようにh1タグが入っていないでしょうか?

h1タグは、一番大きな見出しに設定するタグです。検索エンジンは、h1タグに設定されたキーワードは、もっとも大切なキーワードの一つであると認識します。h1タグに上位ヒットさせたいキーワードを盛り込むことは、SEO対策としてとても大切なことです。

ロゴにh1タグを設置するということは、会社名で検索したときに、自社ホームページを上位ヒットさせたいためです。そうしたいと思うことは、どこの企業でも考えることと思います。

しかし、あなたの会社を探す人が、会社名で検索して訪問してもらうことを、本当にお望みでしょうか?

あなたの会社名で検索をする人は、名刺交換したり取引をしたりして、あなたの会社の名前を知っている人だけです。いまだ、あなたの会社名を知らない人に見込み客になってもらいたいと思うのであれば、会社名でSEO対策をすべきではないでしょう。

やはり、新規顧客獲得を狙うためのホームページであれば、会社名でなく、製品名やサービス名で検索をして訪れてもらいたいはずです。つまり、h1タグは、会社のロゴに設定するべきではないことが、ご理解いただけたことと思います。

ちなみに、このホームページのロゴには、divタグを用いています。

このホームページのロゴに用いられているHTMLタグ

h1タグの設置場所

では、このh1タグをどこに設けるべきかについてですが、ページを表示させたときに、最も大きな見出しに入れるべきです。

例えば、今読まれているこのページの見出しは、「制作してもらったホームページのSEO対策で確認すべきところ」と書かれています。これが最も大きな見出しですので、この部分にh1タグを設置します。

各ページのディスクリプションの文章

SEO対策を行っている業者であれば当たり前の話なのですが、多くのホームページ制作会社では、いまだにしっかりと設定できていないのが、ディスクリプションです。

ディスクリプションとは、概要文のことです。ディスクリプションは、そのページの概要文を記載します。

Googleの検索結果には、見出しと概要文が表示されます。絶対にそうなるわけではありませんが、ほとんどの場合、ディスクリプションに設定した文章は、その場所に表示される概要文の文章になります。

さて、ホームページのソースを確認したときに、ディスクリプションが設定されている場所は、次のようなmetaタグです。このタグは、headタグの中に入っているはずです。

ディスクリプションはmetaタグのname属性値に「description」と記載します。content属性に、ディスクリプションの文章を入れます。ディスクリプションを入れるmetaタグのことを、「metaディスクリプション」と呼ぶ人もいます。

このホームページでは、11行目辺りにmetaディスクリプションが記載されています。このホームページはWordPressで作成されていますので、「All in One SEO Pack」というプラグインにディスクリプションを設定すれば、図のようにmetaタグが挿入されます。

metaディスクリプションが入る位置

さて、このディスクリプションを確認したときに、全ページで同じディスクリプションの文章を記載しているホームページを見かけることがありますが、これはSEO対策として致命的なミスです。

今、「そのページの概要文を記載」と述べましたが、やはり、全ページ同じディスクリプションの文章ではなく、各ページ独自の概要文を記載すべきです。

まとめ

ホームページ制作をしてもらったときに、SEO対策がしっかりと行えているかどうかを確認する箇所として、「ロゴに用いられているHTMLタグ」、「h1タグの設置場所」、「各ページのディスクリプションの文章」の3点について述べました。

おおよそ、この3点がしっかり出来ていれば、SEO対策の第一段階をクリアしていると言えます。

次の段階のSEO対策としては、ホームページの性質によって異なってくることがありますので、個別具体的になります。例えば、h1に入れるべき文言や、ディスクリプションの文章をどのようにするか、また、ここで紹介した3点以外のSEO対策など、より高レベルなSEO対策の設定については、折に触れて述べたいと思います。

この記事は、お役に立ちましたか?


ホームページ集客コンサルティングのご案内

ホームページの企画や制作、SEO対策など、ホームページ集客の相談ができるWebコンサルティングのご案内です。タイムチャージ方式で、時間内に聞きたいことを好きなだけ相談できるスポットコンサルティングをご用意しました。

ホームページ制作の前に、ネット集客の企画の立て方やSEO対策のやり方を知りたい。わが社のホームページをどうのように修正したらアクセス数が増やせるのか知りたいなど、何でもご相談ください。

タイムチャージ1時間¥15,000(税別)

もちろん、ホームページ制作やSEO対策も承っております。お問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

売れるホームページ制作のお問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡先をお教えください。貴社のご事情を伺い、売れるホームページ制作のご提案をさせて頂きます。


トップへ